東京⇔川崎を一人で引越すことに!業者はどうやって決めよう…><

東京―川崎間の単身引越し料金ですが、どのようにすれば1円でも安く引越せるのでしょうか。

 

単身かつ近距離の引越しとなりますが、それでも数万単位でかかりますし、安くなるに越したことはありません。

 

パッと思いつく方法としてあげられるのは【単身パック】の利用です。

 

ですが、このパックは専用のボックスに荷物が入りきらない場合、余計に料金がかかるもしくは自分で荷物を運ぶことになるといった可能性があります。

 

せっかく業者にお願いするのですし、貴重品ではない荷物を自分で荷物を運ぶことになるのも悲しいですね><

 

そういうわけなので、ここはぜひ、<< 無料一括見積もりサービス >>を利用しちゃいましょう!!

 

東京⇔川崎市間の引越し経験談

足立区から川崎市へ家具だけ引越し

2008年に結婚した際、東京都足立区の戸建ての実家から神奈川県川崎市の主人の住まいの2LDKのマンションへ引っ越すという形で徐々に荷物を運び入れていましたが、洋服ダンスだけが運べなかったので、クロネコヤマトの「らくらく家財宅急便」を利用しました。

 

「らくらく家財宅急便」をお願いしたのは2009年10月の土曜日でした。

 

洋服ダンスだけを運びたいということで、トラックをレンタルするとか、宅配便で頼むかということも考えましたが、荷出し、荷入れのことを考えると大変なので色々調べてみるとクロネコヤマトで家具や家財のみの引っ越しを1点から行っているということでした。

 

ネットで見積もりのシュミレーションもでき、結果1万5千円だったので、それならばトラックをレンタルするのと変わらないのでお願いしました。

 

当日は時間にもとても正確で、荷出し、荷入れも引っ越し業者にお願いするのと同じくらい丁寧で梱包もしっかりとしてくれてとても満足でした。家具だけの引っ越しも専門のプランを用意しているところだと安心できると思いました。

 

上手くいけば、単身パックよりオトクに引越せるかも!?<無料一括見積もりサービス>

<< 無料一括見積もりサービス >>とは…!?

 

★専用フォームに住所や運び出す予定の荷物の詳細等、必要事項を入力して送信!
★送信後、即日〜翌日中に、5〜10社の引越し会社から見積もり金額の連絡が来る!!
★24時間365日受付!!

 

という、忙しい現代人にもピッタリの引越し業者選定方法なのですっ(ノ≧∀≦)ノ・‥…━━━★
最短1分で申込みできますよ・:*:・゚☆d(≧∀≦)b゚+.゚
後は、自分で「これはっ!?」と思う業者を選択するだけです!!

 

☆☆☆東京−川崎市間の引越しで最安価格はいくらか知っていますか? >>> Click!!

 

近距離引越しであっても、<<無料一括見積もりサービス>>を使ってみるべし!!

東京都―川崎間は比較的近距離の引越しとなるわけですが、それでも、極力料金を安く抑えるにこしたことはありません。
その上、星の数ほどもある引越し業者の中からたった1社を選定する作業というのは、意外と面倒なものなのです。

 

引越しとは、面倒な作業の連続です。
その作業にかかる負担を、少しでも軽くしてみませんか?

 

<< 無料一括見積もりサービス >>ほどお得なサービスはありません!
何故なら、引越し料金が最大50%OFFになる可能性があるからです!!
複数の業者に一度に見積もりを依頼できるということは、それほど大きいメリットがあるのです。

 

単身引越し、しかも東京―川崎間の引越しとなると距離が近いため、「家族や友達だけですませられそうだな」
「パックを頼めば安くすませられるのではないか」と単純に考えてしまいがちです。

 

ですが、パパッと決めてしまうその前に、ぜひ一度<< 無料一括見積もりサービス >>を利用してみて下さい!
安く確実に、信頼できる技術を持ったプロの業者を楽に見つけることができますよ♪♪

 

↓↓↓ 無料見積もり一括サービスはコチラからゼヒ☆ ↓↓↓

 

 

 

 

 

単身パックとは何か?それは荷物量を事前に定められた量以内に制限することで、代金を抑える手段をさします。運び出す荷物を調整し、決まった量以内にできるかが勝負です。引越し料金決定に大きな影響を与える要素は、「移動距離」と「荷物量」になります。ですが、引越し先を変えることはできませんので、荷物量をがんばって少量に抑えなければいけません。

 

「引越し単身パック」を使う際、単身引越しのときは荷物も少な目なので、他と比べてもオトクに引越しを実現できます。現在使用中の家具家電や服・本・布団等を一括りにして輸送してくれますし、引越し先が引越し前と近ければ、1〜2万くらいでOKの業者もいたりします。

 

単身パック一の残念な点は、場合によっては料金が予想より高くなってしまうところです。理由ですが、専用ボックスの最大容量を考慮に入れても、多くの荷物を必要としない人に適したパックだからなのです。例えですが、本や服、雑誌等たくさんの趣味の荷物がある人は、カンタンに専用ボックスのMAXを迎えるのです。そういう人にはお気の毒ですが、オススメできません。

 

単身引越しの注意点

引越しをする時に、大切なのが家具の配置です。キャスター付きでもない限り、家具は動きません。業者によっては、後から家具を動かす手伝いをしてくれるサービスもございますが、基本的に家具の配置をひとりですべて変えるのは困難です。

 

そのため、引越し業者に依頼をする前にある程度家具の配置を考えておく必要がございます。更に、照明の配線などもきちんと確認しないと、後でコンセントタップをつぶしてしまっていたというオチになってしまったりします。家具レンタルのサービスを行っている引越し業者からは、小型の冷蔵庫などもレンタルできますので、ひとり暮らしにぴったりです。家電のセッティングも業者がしてくれますので、お金に余裕がある場合は依頼なさるとよろしいでしょう。

 

ひとり暮らしをするうえで、気をつけなければいけないことは、防犯と近所の方との関係性の維持です。外に可燃物を置いていると、放火の原因となります。また、クリスマスリースや、正月飾りなどを出していると、さる宗教団体の勧誘が来てしまうことがあるので、そういったものは、室内に飾った方が無難です。筆者はクリスチャンなのですが主日(キリスト教で日曜日のこと)の朝、いきなりキリスト教を名乗る全く違う宗教の方の勧誘が来て、酷く迷惑だったことが幾度もあります。

 

また、自分でも気にならなくとも、椅子をひく音や、物を動かす音、話し声などは、意外と響くものです。床にラグをひく、カーテンを遮音性、遮光性のあるものにする、夜中になったら、音楽はイヤホンにしておく等の配慮をしましょう。面倒事の種は潰すに限ります。