引越しの時の掃除・清掃について

引越しの際の掃除と言うのは、今まで住んでいたお部屋への感謝としてという気持ちを持つ方も多いようですが、“次に住む方のために”ということが一番の目的です。ここでは特に賃貸物件の場合のお掃除に関してお話してみようと思います。

 

実は契約の段階で、退去時の清掃をどこまでする必要があるかという取り決めがなされています。契約書を見てみて、“退去時のクリーニング代は借主負担”との記載があれば、返金されるであろう敷金から差し引かれます。そう言った記載があれば“現状回復=きれいに掃除した状態”で退去する必要があるのです。

 

国が決める指針にはハウスクリーニングは次の家主のために行うので、大家・管理会社が負担するとの記載があります。しかし、これはあくまで国の指針であり、どのような契約を当初結んでいたかによって大きく変わってきます。

 

とはいえ、長く住んでお世話になったお部屋を、ホコリだらけだったりゴミだらけのまま退去したくないですよね。全ての引越し作業が完了しないと掃除しにくい場所もありますが、できるだけ綺麗な状態にしてから退去すると心もすっきりすると思います。

 

退去時に請求されるので最も多いものの一つが、壁の張替え費用だと言われています。日常生活で手あかも付きますし、特に喫煙者の方だとタバコのヤニがこびり付いていると思います。諦めがちな壁の汚れですが、キッチン用の漂白剤と水を1:5で混ぜてスプレーで拭きかけると驚くほど汚れが落ちますので、是非試してみてください。

 

部屋の清掃はしっかりしないと敷金トラブルの元に!

現在お住まいのお部屋の清掃に関しては、ご実家なら特に必要有りませんが、もし現在賃貸物件にお住まいでしたらご自分で出来るだけ済ませておくのが良いでしょう。あまり汚くして出て行きますと後でリフォーム会社から高額の請求を要求されたりします。壁などに大きな穴を開けたりなどしなければ敷金以上の請求はまずありませんが、立つ鳥跡を濁さずという言葉も有ります。一社会人として気持ち良く今まで住んでいた場所から飛び立ちましょう。

 

具体的にはトイレや風呂などの水回りは、ハイターなどの漂白剤をスプレーして洗って行きます。ピカピカになりますが絨毯や床などには落とさないよう気をつけましょう。床の色が落ちる事が良く有ります。キッチンなども台所用洗剤と漂白剤できれいに磨いておきましょう。ただ洗剤と漂白剤を極度に混ぜ合わせるのは危険ですので必ずお気をつけ下さい。それとお部屋の匂いですが部屋の掃除が全て終わり荷物の運び出しも全て終わったら、ビーズ玉状玉がいっぱい入っている据え置きタイプの消臭剤を出る前に置いておくのを個人的にお奨め致します。それだけでリフォーム業者さんの印象も変わると思いますので試しにやって見て下さい。

 

おタバコを部屋でお吸いの方は壁などに色がついたりする事があります。リフォーム業者さんから壁紙張替えの請求が来ます。この場合だけは仕方ありません。素直に支払いに応じましょう(笑)。とは言いましても敷金の範囲内で大体収まりますのでご安心下さい。また敷金の範囲を超えそうな程お部屋を汚していると思った場合は、見積もりに直接立ち会って直接リフォーム業者さんと交渉して見て下さい。またご自分が壊していない物にはその旨誠実に伝えて見て下さい。誠実に交渉すれば敷金の範囲内で見積もって頂けることも多々有ります。敷金 トラブルにはご注意を。