引越し費用を節約するには

引越し費用を節約するためのポイントを紹介します。まず日時の調整です。時期で言えば、春先や年末の繁盛期、曜日で言えば土日祝日はできる限り避けた方がいいでしょう。次に、時間帯を決めます。午前便よりは午後便、午後便よりはフリー便がより安くなります。他人の荷物と一緒でも構わないならば、「混載便」がよりお得です。荷物の搬出・搬入・積込みを全部自分たちでできるなら、ドライバー付でトラックを借りられる「チャーター便」というプランもあります。それぞれの業者によって異なりますので確認してみましょう。

 

次に、有料オプションサービスの利用の有無です。エアコンやアンテナの取外し、ピアノの運搬などは、引越し業者がオプションサービスとして有料で行ってくれますが、自分で各専門業者に依頼した方が安い場合もあります。エアコンなどは取り外し・取り付けは、業者に頼むとお金がかかりますし、自分でするにしても結構大変ですので、新居で安く購入できるなら、その方がいいかもしれません。

 

業者の用意する段ボールについてですが、ほとんどの業者では「無料」といいながら、引越し料金にしっかり上乗せされている場合があります。段ボールはスーパーやコンビニなどでタダで手に入るものですので、見積もりの際に段ボールは自分で用意する旨を伝え、その分を値引きできないかどうか確認してみましょう。

 

節約と言っても、事故やトラブルなく安全に完了することが大前提です。お金をケチった結果、事故や大事な家財が破損したなど取り返しのつかないことになっては元も子もありません。自前で行う作業と、専門業者に依頼した方がいい作業を適切に判断して計画することが大事です。ol 引越し費用では多少費用が掛かっても安心なサービスを利用した方が良いかもしれませんね。

 

とても気になる引越し業者の代金について

転勤や進学などの機会になると、引越しをしなければいけないという場面に遭遇することもあります。仮に転勤や進学をしたとしても、自宅からの距離がそこまで遠くないようであれば、従来の居住地からそのまま通勤や通学をすれば、それで問題ありません。
しかし、通勤や通学にあまりにも時間がかかりすぎる場合、あるいはそれらにかかる時間をもっと短くしたい場合は、引越しという選択肢を選択する方が良いこともあります。この場合ですと、無駄な時間をかけることなく、時間を有効に費やすことができます。

 

しかし、もし引越しをすることになった場合、もちろんですが、無料で行うことはできません。引越しをする距離がどうであれ、あるいは引越しの際に運搬する荷物の量がどうであれ、何かしらの料金が発生することには変わりありません。人によっては、梱包から運搬までの全ての作業を自分で行うこともできるかもしれませんが、多くの人にとっては、ほとんど不可能です。

 

ならば、引越しが必要になれば、必然的に引越し業者を利用することになります。この際、どんな点に留意すれば良いのかについて、ここでは書かれています。

 

引越しの料金を知るための第一歩は、引越しの料金の仕組みとはいかなるものかについて知ることから始まります。これは基本であるだけに、絶対に疎かにすることはできません。どこの引越し業者をとっても、ただ闇雲に引越しの料金を決めているようなことはありません。

 

きちんと料金の仕組みにのっとった上で、正確に料金を計算しているのです。例えばですが、距離で料金を決める業者も居れば、時間で料金を決める業者も居ます。いづれにしても、どういう基準で引越しの料金が決まるのかを熟知しておくことが、最終的には引越し業者をより安く利用することに繋がっていくのです。

 

また、同じサービスでも、利用する日程や時間帯などが違えば、最終的に課金される料金が異なってくることも、引越し料金を安くするのに必要な情報となります。

 

引越し業者への支払いについて

引越し業者の多くは、当日に現金もしくはカードの支払いを提示しています。筆者のお勧めは、カード払いです。何故かというと当日にお金を人の出入りが激しい場所に置くのは危険だからです。

 

またポイントも溜まりますし、カードによってリボルビング払いに変えられます。カードの使用できるブランドは業者によって違うので、事前に確認しておきましょう。

 

告白しますと、筆者は実にケチです。浪費家という矛盾した性質もありますが、大きなお金を使うときには「10年たっても使えるもの」しか買いません。

 

また、社会活動をしない企業のものを使いません。これは洗礼を受けた教会が大学の中にあり、その学祖が清教徒の流れを汲んでいたことに由来します。そんな筆者のカード術をご紹介します。筆者は百貨店系のカードを使っています。そして別のお店の優待カードやポイントカードも作っておき、日用品を買う時は、ある程度まとめ買いをしてカードで支払います。そのお店のカードも支払いの際に出します。

 

いつも同じ店で買うようにしコツコツポイントを貯めます。そうすると2枚分ポイントがたまるのです。総計で数万円分は貯めたでしょうか。うち1枚は自分や家族のために紅茶やお菓子に使い、もう1枚はユニセフや、大学とタイアップしている日本赤十字社に寄付するために使います。それが筆者にとっての「お得」なのです。ただ物を買うだけではそこで終わってしまいますから。皆様も引越しの買い物でカードを使って「お得」を体験してみませんか。