引越しの手続きや挨拶など

住民票の住所変更手続きが必要に

引越しにより、住所を移転する場合、住民票の住所変更手続きが必要になります。引越しによって異なる市区町村に移住する場合に必要になるのが、転出届と転入届です。引越しが決まったら、まず転出届の手続をします。引越しの前日までに、現在の住まい管轄の市役所等に行き、転出届を提出します。なお、届出の受付期間は各役所によって異なる場合もありますが、ほとんどは14日前から受け付けています。

 

届出には印鑑・身分証明書(免許証など)・新居の住所等が必要です。転出届がされると「転出証明書」が発行されるので、大切に保管しましょう。移転先の役所には転入届を提出します。転入届は引越し後14日以内にしなければなりません。その際、転出証明書が必要になりますので、印鑑と共に持参してください。「住民基本台帳カード」を持っている人は、転出届を郵送で行うことができます。また、国民健康保険に加入している方は、これらの手続と同時に保険証の返納と新しい保険証の申請などの手続も行うといいでしょう。

 

同じ市区町村内での引越しの場合は、転居届を提出します。期限は転入届と同じく、引越し後14日以内にしなければなりません。転居届の場合は転出届をする必要はありません。なお、これらの手続は代理人が行うこともできますが、その際には、委任状が必要になります。各役所によって規定がことなる場合もありますので、事前に各自治体のホームページなどで確認して向かうといいでしょう。

 

引越しのあいさつ回り

引越したあとに問題になるのが、ご近所づきあい。今の若い方は、単身引越しの場合、あまり御挨拶に回らないようですね。防犯上の目的だとか。

 

しかし、筆者はあえて、皆様に御挨拶回りをすることをお勧めします。何故かというと、何かあった時に、助けてくれるのがご近所さんだからです。筆者の父は14棟ある団地の自治会理事長をしています。1番困るのは、どこにどなたがすんでいらして、どんなご病気を抱えているか分からないことです。災害などの際に、人数が把握できないと、救助できません。

 

また、上司などには引越し挨拶状(代行発注のサービスもございます)もしくは許されるならばメールなどで、転居のことを知らせておきましょう。何かあった時に、そこから「いない」ということが分かり、救急車などを呼んでもらえる率が上がります。

 

また、防犯上の問題を言うのならば、女性はストーカーや窃視症、つまり覗き等の被害に合いやすいのです。もしもの時に、逃げ込める場所を提供してくれる人がいれば、かくまってもらうことができます。せめて自治会関係者には顔を見せておきましょう。また、自治会では不審者情報なども把握して、夜回りを行なっているところもあります。

 

不審者は部屋に入れないことが、1番なのですが、もし侵入されてしまったら、手当たり次第に物を投げ、時に鋭いものを眼前に構えながら「刺すぞ。おらぁっ」と威嚇し、相手がひるんだすきに、トイレなど鍵のかかる場所に逃げ込みましょうそして携帯電話があれば通報、もしなかったら小窓などから、助けを求めます。

 

最悪なパターンは、火をかけられることですが、そこまでされるようなケースは稀です。壁紙などを燃えにくいものにしておくと少しは違います。

 

引越しの資金を捻出する方法

 

引越しをする際に頭が痛いのはお金のことです。引越し業者に支払うお金の他に、新たな家具や家電を買ったりするお金、また、交通費などもかかります。お若くて収入が低い方はたとえ数万円でも捻出をするのが大変ですよね。バイトを増やそうにも、準備に時間がとられてしまい、難しいでしょう。

 

本や服は引越し業者や中古屋が買い取ってくれるので、少しは費用が貯まりますし、見積もりをきちんと取れば、費用は抑えられますが、それでも少ない。そういうときの費用の捻出法を少し書いてみましょう。

 

最初に出来るのは、足を使う事です。食器などはリサイクルショップなどで安値で新品同様のものが売られています。問屋街も安く済むので、まわってみても良いでしょう。筆者の趣味は、安くて良いお得な品を探すことです。一体どこから見つけて来るのかと親が呆れるぐらいの価格のものを探してきます。商店街の人と意気投合して、値引き、またはおまけの追加をしてもらってしまうこともあります。

 

あ、ちなみに家電量販店でも値引きを母とタッグを組んでしてもらいました。母がもう少し何とかならないかと担当者に持ちかけ、私がそれを宥めるのです。これは尋問に使う心理学的テクニックでグッドコップ、バットコップと呼ばれています。

 

つぎにもらう。筆者の部屋には、最早骨董的価値があるのではないかというぐらいに古い食器棚がございます。前の引越しの際に、母から譲られたもので、趣味のお茶関係の用品やCDを入れています。古い家具というのは引き戸だったりして、意外と使い勝手がいいのです。

 

少し汚かったので、中に安物の袱紗をひいています。机と本棚も姉のお古です。壁にかける更紗などの布は姉からもらいました。新しくしたのはベッドだけです。お金が無くとも引越しは出来ますよ。